お知らせ オススメ

第一回 おばた健太郎 区政報告会』へのご案内

2019/12/1

第一回 おばた健太郎 区政報告会』へのご案内 1.日時:令和元年12月2日 (月) 18時半より 2.場所:板橋区立グリーンホール503会議室(板橋区栄町36-1) https://www.itabun.com/access/index.html 3.入場無料(入退場自由)  4月に皆様から大きなお力添えを頂きまして早半年以上が経とうとしております。当選を果たしてから慣れない議会活動に奔走しており、なかなかまとまって活動内容をお伝えする機会を作ることができませんでした。 今回改めて小さいながらも活動報告会 ...

ReadMore

オススメ 活動報告

当選のご報告

2019/4/23

この度の板橋区議会議員選挙で 7493票を頂き お陰様で当選する事が出来ました。 これからも、みなさまに会いに行きます! を忘れず皆様の声をお聞きして議会に届けさせて頂きます。

ReadMore

オススメ 活動報告

一週間ありがとうございました。

2019/4/20

おばた健太郎です。 一週間の選挙戦が終わりました。今は感謝でいっぱいです。 組織があるわけでもなく、いわゆる、地盤、看板、鞄のない私。手弁当で手伝ってくれた方々、心配して事務所を訪ねてきてくれた方、電話かけをしてくれた方。ありがとうございました。 「会いに行きます」を合言葉に、区内全域の皆様に「会いに」行き、お話を伺ってきました。 その声を伝える。区政に届ける必要があると訴えを続けました。 伝えるだけではだめ、伝えて実行する。板橋区をもっと住みよい街にできると、確信しています。   昨日、夜の駅 ...

ReadMore

オススメ 活動報告

おばた健太郎事務所 事務所開き

2019/3/31

こんにちは。板橋区を東京で一番住みやすい区にする!おばた健太郎です。共働きの妻と一緒に板橋区で子育てしてきた経験から、「共働き世代に選ばれる板橋区」そして「一度住んだらもう離れたくない板橋区」さらに「働いてもよし、リタイアしてもよし、の板橋区」を目指していきます。 さて、昨日3/30には私、おばた健太郎事務所の事務所開きを行いました。 曇り空で、すっかり冬に逆戻りしてしまったかのような天気でしたが、多くの方にお集まりいただきました。 政治家の事務所開きに参加したことはありますか?ないですよね。 ほとんどの ...

ReadMore

オススメ

事務所開きのお知らせ

2019/3/24

おはようございます、おばけん事務所スタッフFです 平素よりおばた健太郎を応援、ご支持頂いてる皆様に大切なお知らせです 平成31年3月30日より新事務所を開設することとになりました つきましては3月30日(土)午後2時より簡単ではございますが事務所開きを行います 何かとお忙しい時とは存じますが、おばた健太郎の新しい一歩の門出です 是非とも足をお運び頂きおばたを激励してやって下さい、宜しくお願い致します スタッフ一同もみなさまにお会い出来るのを楽しみにしています   住所 東京都板橋区板橋3-8-1 ...

ReadMore

お知らせ オススメ 活動報告

おばけんPV出来ました

2019/3/17

おばた健太郎事務所 ボランティアスタッフFです おばけんの支援者の方がおばけんPVを作って下さいました なかなかの出来です、一度ご覧下さい そして宜しければみなさんで拡散して下さい 宜しくお願いします  

ReadMore

オススメ 活動報告

2019/2/17(日)ミニ防災訓練を行います!

2019/2/13

こんにちは。おばた健太郎です。 今週末の2019/2/17(日)10:00-12:00 南板橋公園にて 板橋消防団第一分団の主催でミニ防災訓練を行います。 昨年の6月にも開催しましたが、今回は2回目です。 消防団をもっと知ってもらいたいという趣旨から実施しました。 町会主催の防災訓練や、板橋区主催の総合防災訓練(毎年3月に実施)などに呼ばれて、AEDの訓練や放水をすることはありますが、消防団が主催でこういったイベントをすることは少ないと思います。 私はこのプロジェクトのリーダーとして、企画にかかわってきま ...

ReadMore

オススメ 板橋のいま

実際に入ってみてわかった!消防団に入ると人生が変わる3つのこと

2018/11/29

実際に入ってみてわかった!消防団に入ると人生が変わる3つのこと 区役所に転入届を出したら即座に消防団に入ろう   私は現在、板橋消防団に入団しています。 まだ入団して10年に満たないのですが、役職は現在部長です。 「消防団」と聞いて思い浮かべる事柄はなんでしょう? そもそも消防団を知らない。という人も多いでしょう。 消防署員と同じと思っている人もいます。 その存在もよくわからない。 公務員なのか、ボランティアなのか。 何をやっているのか?? 地元に長く住んでいる人でも、 どういう組織なのかいまい ...

ReadMore

政策

解散総選挙に際して

投稿日:

11月上旬の時点で、衆議院を解散するという噂は流れていました。しかし本当に解散するのか、半信半疑だった議員も多かったのではないでしょうか。

結局、憲法7条により衆議院は解散されてしまいました。

今回の解散、「今のうち解散」とか「アベノミクス解散」と言われておりますが、任期を2年も残して解散する必要性、意味はまったくありません。消費増税の延期についても、294議席も確保しているのですから、堂々と国会で議論して、延期すればよろしい。

今や昔の三党合意の附則を見てみましょう。

社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律
附 則
 (消費税率の引上げに当たっての措置)
第18条  消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成23年度から平成32年度までの平均において名目の経済成長率で3パーセント程度かつ実質の経済成長率で2パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
2  税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する。
3  この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前2項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

すでに法律に経済状況の判断を行うと書いてある。わざわざ700億ものお金を使って解散する必要などありません。
「今のうち解散」と呼ばれるのも、来年から益々厳しくなる経済状況に気がつく前に解散して、これからの4年間を盤石にしておきたいという思惑が透けて見えるからではないでしょうか。
ご存知の通り、衆議院の解散については7条と69条に規定があります。

第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二  国会を召集すること。
三  衆議院を解散すること。
四  国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五  国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七  栄典を授与すること。
八  批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九  外国の大使及び公使を接受すること。
十  儀式を行ふこと。

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

7条は天皇の国事行為を定めた条文でしかありません。内閣の助言と承認→内閣の最高責任者総理大臣がいつでも自由に制限なく解散できると解釈していいものでしょうか。

7条解散については「苫米地事件」に詳しく、現行では合憲とされていますので、条文を変更することなく違憲と言うことはできませんが、好き勝手なタイミングでの解散が出来てしまうことが、現在の政治に大きな影響を与えていることは間違いありません。

現在の改憲論では現状の首相が解散権を保持していることを前提として、明文化する方向のようです。

【参考】日本国憲法改正草案(自由民主党、平成 24 年 4 月 27 日)
(天皇の国事行為等)
第六条 (略)
4 天皇の国事に関する全ての行為には、内閣の進言を必要とし、内閣がその責任を負
う。ただし、衆議院の解散については、内閣総理大臣の進言による。
(衆議院の解散と衆議院議員の総選挙、特別国会及び参議院の緊急集会)
第五十四条 衆議院の解散は、内閣総理大臣が決定する。
2~4 (略)
選挙によって信任を得て、4年という任期を与えられるのですから、本当に国民に信を問わなければならない事態であると国会が判断したのであれば、69条で十分ではないかと思うのです。どうしても解散したければ、内閣不信任案を与党から提出し、可決すればよいのです。

69条に追記してみてはどうでしょう。

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
二 内閣による衆議院の解散は、内閣の不信任決議案の可決、又は信任の決議案の否決された場合に限る。

実際のところは、首相が自らの手を縛るような改憲が行われることはないと思いますので、非現実的ではありますが、今回のような国民を置いてきぼりにした解散は、政治不信を助長するばかりです。

-政策
-,

Copyright© おばた健太郎 公式サイト , 2019 All Rights Reserved.