オススメ 板橋のいま

実際に入ってみてわかった!消防団に入ると人生が変わる3つのこと

2018/11/29

実際に入ってみてわかった!消防団に入ると人生が変わる3つのこと 区役所に転入届を出したら即座に消防団に入ろう   私は現在、板橋消防団に入団しています。 まだ入団して10年に満たないのですが、役職は現在部長です。 「消防団」と聞いて思い浮かべる事柄はなんでしょう? そもそも消防団を知らない。という人も多いでしょう。 消防署員と同じと思っている人もいます。 その存在もよくわからない。 公務員なのか、ボランティアなのか。 何をやっているのか?? 地元に長く住んでいる人でも、 どういう組織なのかいまい ...

ReadMore

プロフィール

おばた健太郎 41歳

1977年7月25日生まれ。板橋区加賀地区在住。金沢大学教育学部付属中学校、星稜高等学校、筑波大学第一学群自然学類(物理専攻)を卒業。
卒業後はシステムエンジニアとして10年にわたり大手金融機関のシステム開発に従事。サラリーマンの傍ら板橋の地域活動、文化活動にとりくむ。
衆議院議員秘書を経て、よりよい暮らしを実現するため政治家を志す。板橋で活動中。
石川県金沢市出身。妻、息子、娘の4人家族。

1977年7月誕生
1977年(昭和52年)7月25日 ブラジル サンパウロ市に生まれる(父がブラジルに赴任中だったため)。生まれて数年で帰国したため、ブラジルの記憶は残念ながら、ありません。

高校卒業まで石川県金沢市

金沢大学教育学部附属小、中学校、星稜高等学校に在学。

附属小、中学校は今の金沢21世紀美術館がある場所に建っていました。旧石川県庁と金沢市役所の向かい側。金沢の中心地にありました。今は平和町というところに移転しています。

松井秀喜選手や、本田圭佑選手が有名な星稜高校は先生方も熱心で、かつ施設も充実した学校でした。中学はサッカー部、高校は弓道部に所属。弓道初段を取得しました。

筑波大学で物理を専攻

筑波大学第一学群自然学類卒業。専攻は物理学。研究室はプラズマ研究センターでした。

在学中は筑波大学メンネルコール(男声合唱団)と筑波大学学生新聞会に所属。
学生記者として、学内やつくば市内を取材し、社会に対する問題意識をもつきっかけのひとつとなりました。

就職で東京に

株式会社東京システムリサーチに入社。サラリーマンとして約10年システム開発に従事しました。
仕事の傍ら、NPO法人一新塾に通い、市民団体に参加。地元の活動にも積極的に関わりました。

会いに行きます!

板橋に住み、板橋で働き、板橋を走る。板橋区の皆さんのお話を聞き、板橋をより良くしていきたい。その思いから、区政に挑戦することを決意いたしました。

板橋を走り回り、より良い区政を目指します!

投稿日:2014年8月2日 更新日:

Copyright© おばた健太郎 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.